« 2006-09-15 立ち話をするピンクのシャツを着た某課長 | トップページ | 2006-09-17 23:29 代々木八幡付近 »

クロッキーの時間感覚

クロッキー会のポーズ時間は長いところで20分、短いところで2分くらいだろうか。
私はだいたい1分くらいで描くので、5分間ポーズで5枚である。可能であれば描く位置を変えたりする。左右の移動のほか椅子に立って視点を変えたりもする。
それはともかく、

1分で描いたクロッキーには1分間の時間が記録されている。モデルがポーズしている1分間と紙の上を鉛筆が動いた1分間が一致している。
何時間もかけるデッサンであってもそれは同じなのだが、時間が短いクロッキーではそれが強く意識されるのではないかと思う。デッサンは「見る」→「考える」→「描く」ということをくりかえして進行していくが、(私の場合)クロッキーでは「見る」と「描く」が直結している。「見る」→「考えない」→「描く」である。
ポーズ時間がそのまま紙の上の時間になる感覚はそのためなのだと思う。ムービングを描くということをやってみて、その感覚がさらに強調されるようになってきた。
だから何なのだ、という話であるが。

|

« 2006-09-15 立ち話をするピンクのシャツを着た某課長 | トップページ | 2006-09-17 23:29 代々木八幡付近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006-09-15 立ち話をするピンクのシャツを着た某課長 | トップページ | 2006-09-17 23:29 代々木八幡付近 »