« 2006-10-09 フローイング・スペース クロッキー会 | トップページ | ムービングで得られる線(2) »

ムービングで得られる線(1)

ムービングのクロッキーを始めて日が浅いので、いろいろ楽しく試している段階である。動いているモデルを描くときにどのような対応があるのか考えている。

 ひとつは、動きの中から静止ポーズ(?)を描くのと同じ方法でモデルの姿を描きとめるという方法がある。写真に例えれば高速シャッターで動きをとめるような方法だ。こちらは絵なので500分の1秒などという速さで描くことはできない。「そういう感覚で描く」だけである。

 高速でポーズを捉えたつもりでも相手は動き続けているから、無意識のうちに補正をしているとしても位置関係や距離感は変化しつづけている。画面にはデフォルメされた(されてしまった)形態が現れる。それがモデルの躍動感、動きの美しさを表現できる可能性はあるのだが、理屈通りうまく描けるとは限らない。描けない時の方が多い。(描けないのはムービングに限りませんが^^;)

Nude200610091紙(F6クロッキー帳),鉛筆
(ムービング)

|

« 2006-10-09 フローイング・スペース クロッキー会 | トップページ | ムービングで得られる線(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006-10-09 フローイング・スペース クロッキー会 | トップページ | ムービングで得られる線(2) »